ニキビの原因

ニキビはどうしてできてしまうのでしょうか。まず栄養バランスの偏りが原因として考えられます。食生活が乱れていると必要な栄養をしっかりと摂取することができなくなるため、ニキビができやすくなってしまいます。たとえば脂っこいものばかりを食べていたり、インスタント食品やスナック菓子ばかりを食べているとニキビになりやすくなってしまうでしょう。

乾燥また、乾燥してしまうためにニキビになってしまうケースもあります。肌にはバリア機能というものが本来あります。これは水分が失われてしまうとなくなってしまうものです。肌にしっかりと潤いをキープすることができなければ、肌がダメージを受けやすくなってしまい、それによってニキビになりやすくなるのです。

しっかりとした睡眠をとっていないとニキビができやすくなります。睡眠というのは肌の健康維持のために必要不可欠なものとなります。睡眠不足になってしまうとニキビができやすくなるのです。ニキビのリスクを高めてしまうことになるため、しっかりとした睡眠を確保することは大切なのです。肌のターンオーバーにも影響を与えてしまいます。

女性の場合はホルモンバランスが影響することもあります。このようにニキビはさまざまなものの影響を受けるのです。